神鋼商事と神戸製鋼など、メキシコにCHワイヤーの合弁会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

神戸製鋼(WEBサイト)
  • 神戸製鋼(WEBサイト)
神鋼商事と神戸製鋼所は9月3日、メタルワン、大阪精工、メキシコSimec社、米国O&k American社と、メキシコにおける冷間圧造用鋼線(CHワイヤー)の製造・販売を行う合弁会社を設立すると発表した。

新会社は、自動車用ファスナーや冷間鍛造部品等の素材として用いられるCHワイヤーを製造し、主に現地の自動車部品メーカーに販売する

メキシコの自動車市場は、今後も堅調な拡大が見込まれている。これに伴い、日系自動車部品メーカーも相次いで現地に進出しており、メキシコにおけるCHワイヤーの需要も大幅に伸長すると同時に、現地調達に対するニーズも高まることが予想される。

今回、合弁会社を設立し、需要地での生産を行うことで、表面品質に優れたCHワイヤーを短納期で納入することで、自動車部品メーカーのニーズに対応していく。

新会社の総投資額は約43億円。資本金は約12億円で、出資比率は神鋼商事40%、メタルワン25%、神戸製鋼所と大阪精工、Simec社が各10%、O&k American社が5%。稼働開始は2015年末の予定で、年間生産能力は約4万トンとなる見込み。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集