クボタ、欧米の新しい環境規制に対応したディーゼルエンジンを開発

自動車 ビジネス 企業動向

クボタ、欧米の排出ガス最終4次規制に対応するディーゼルエンジンの適合認証を取得
  • クボタ、欧米の排出ガス最終4次規制に対応するディーゼルエンジンの適合認証を取得
クボタは、欧州で2014年10月、米国で2015年1月から実施される排出ガス最終4次規制に対応するディーゼルエンジンの開発を完了したと発表した。

今回開発した56~130kWディーゼルエンジンは、米国のEPA(米国環境保護庁)規制、CARB(米国カリフォルニア州大気資源局)規制、欧州の最終4次規制(ステージ4)の適合認証を取得した。CARBについては国内メーカーで初の取得となる。

NOxを低減するため、新たなデバイスとして尿素選択還元型触媒(尿素SCR)マフラーを採用した。現行規制より採用しているディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)とディーゼル酸化触媒(DOC)とあわせた排気ガスの後処理装置システムを開発した。

また、今回の規制対応でも、搭載しやすいコンパクトな設計という現行機種の特徴を維持し、一部製品は高出力化した。

今回認証を取得したディーゼルエンジンは、10月から順次量産を開始し、クボタのトラクタ・建設機械に搭載するほか、世界の大手建設機械・産業機械メーカーにOEM供給する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集