8月新車総台数は前年比9.1%減と2か月連続マイナスに

自動車 ビジネス 国内マーケット

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • スズキ ハスラー Xターボ
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が9月1日に発表した8月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比9.1%減の33万3471台となった。2か月連続のマイナスであり、4月の消費税率引き上げ後では最大の落ち込み幅だった。

総台数のうち登録車は5.0%減の20万6606台で、2か月ぶりの減少。このうち乗用車は5.9%の減少だったが、堅調な需要が持続しているトラックは1.0%増となり、5月から4か月連続でのプラスだった。

一方で、軽自動車は15.1%減の12万6865台と、2か月連続のマイナスになった。2ケタの落ち込みは、東日本大震災後の2011年8月(15.5%減)以来、3年ぶりとなった。軽自動車は消費税増税前の駆け込み需要が高水準だったため、7月以降に反動減が顕著になった格好だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集