【ITS世界会議14】アイシングループが共同出展…「シースルーミラー」を初公開

自動車 ビジネス 企業動向
アイシングループ5社、ITS世界会議デトロイトに共同出展
  • アイシングループ5社、ITS世界会議デトロイトに共同出展
アイシン精機は、アイシングループの5社で9月7日から11日まで、米国・デトロイトで開催される「第21回ITS世界会議デトロイト2014」の展示会に共同出展すると発表した。

今回は「安心で楽しいサスティナブル・コミュニティ実現に向けて『人にやさしいモビリティ』」をテーマに出展する。

今回、展示ブースでは、死角を直感的に見せる「シースルーミラー」を初出展する。これは車内外のカメラの映像を合成し、ピラーや後部座席などで見えない部分をバックミラーに映すことで、車線変更時、他車との位置関係をわかりやすくしたり、後退出庫時に接近する歩行者との接触を防ぐ。

また、「次世代HMI」や「自動駐車」、「AR案内」、「わき見警報」、「自動ブレーキ」、「車両統合制御」などを擬似体験できるドライビングシミュレーターも出展してアイシングループの技術を紹介する。

展示会場近郊で行われるショーケース(屋外デモンストレーション)では、「子どもたちの安全を支える、人にやさしいモビリティ」と題し、米国の交通・駐車事情を再現したコースで、ドライバーのわき見警報や歩行者を検知しドライバーに知らせる技術、自動駐車などを実車によるデモンストレーションで紹介する。

このほか、米国で社会問題となっている前向き駐車車両の後退発進時に起こる子どもとの接触トラブルを「シースルーミラー」と「自動ブレーキ」で回避する体験ができる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集