青い森鉄道、朝風呂セットの割引切符発売

鉄道 企業動向

青い森鉄道が9月1日から発売する「浅虫温泉あさ風呂きっぷ」。浅虫温泉の旅館で朝風呂を楽しめる。
  • 青い森鉄道が9月1日から発売する「浅虫温泉あさ風呂きっぷ」。浅虫温泉の旅館で朝風呂を楽しめる。
  • 青い森鉄道のキャラクター・モーリーが描かれた青い森鉄道の車両。
青い森鉄道は9月1日から、「青森の奥座敷」と呼ばれている浅虫温泉(青森市)の旅館とタイアップした割引切符「浅虫温泉あさ風呂きっぷ」を発売する。

浅虫温泉の旅館「南部屋海扇閣」での温泉入浴1回分(5~10時)と朝食バイキング(7~9時)に、青い森鉄道線の青森~野内間各駅から浅虫温泉駅までの往復乗車券をセットにしたもの。バスタオルレンタル1回とフェイスタオル1枚も付く。

発売額は、青森発着が大人1950円・子供980円、筒井・東青森各駅発着が大人1850円・子供930円、小柳~野内間各駅発着が大人1780円・子供890円。海扇閣が独自に販売している温泉・朝食セットプラン(1500円)と通常の往復乗車券の合計額と比較すると、青森発着は大人の場合で450円安くなる。

発売日は9月1日から2015年3月31日までの利用当日。ただし1月1・2日など、一部発売しない日がある。切符は青森駅の青い森鉄道窓口で発売するが、駅窓口のない筒井~野内間各駅から乗車する場合やJR線からの乗継ぎの場合は、浅虫温泉駅の窓口営業時間内に限り同駅到着時に購入することができる。

海扇閣は浅虫温泉駅から徒歩3分。青森湾の湯の島を望む展望風呂がある。青い森鉄道は「お客様のライフスタイルにあわせた“朝活”のひとときを、陸奥湾を望む絶景の大浴場と多彩なメニューの朝食で存分にお楽しみください」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース