17年間 雨を観測し続けた長生き衛星『TRMM』に運用終了の兆候

宇宙 科学
TRMMの軌道上イメージ
  • TRMMの軌道上イメージ
  • 2014年7月10日、台風8号の九州・四国付近での降雨の様子をTRMM搭載の降水レーダー「PR」が観測した映像。
  • TRMMミッションロゴマーク
2014年8月12日、NASAは、NASA/JAXA共同の熱帯降雨観測衛星『TRMM(トリム)』の軌道維持のための推進剤が残りわずかとなり、高度402キロメートルの軌道から降下を始めていることを公表した。

TRMMは1997年12月に打ち上げられたNASA・JAXA共同開発の地球観測衛星。南北緯度35度までの熱帯を中心とした地域で、雨を降らせる雲の厚さを観測することができる降水レーダー「PR」(日本開発)やマイクロ波放射計(アメリカ開発)を搭載し、台風やハリケーンなどの観測を行ってきた。2005年には北米に大きな被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」の観測も行っている。17年にわたる長期の運用期間から得られたデータは、地球全体の降水(雨)の仕組み解明に大きく貢献している。

2014年2月には、NASA・JAXA共同開発の後継機「GPM」が鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、南北65度までの広い範囲で降雨を観測できるようになった。また、日本開発の二周波降水レーダー「DPR」は2種類の周波数を使い分けてより細かい雨粒や雪の観測も可能になっている。

GPM打ち上げ時にはあと2年程度と予測されていたTRMMの運用期間だが、このほどNASAのTRMM運用チームは「2014年7月8日、推進剤タンクの圧力計の数値は、TRMMの推進剤が切れたことを指し示した」と公表した。今後は現在の運用高度である402キロメートルの軌道を維持する操作を終了するとし、すでにTRMMは高度402キロメートルから下方へ降下を始めたという。少量の推進剤がまだ残っているものの、これはスペースデブリとの衝突を回避するために温存し、衛星が安全に降下できるようにする。

TRMMの観測は高度335キロメートルまで継続される予定で、このまま正常に推移すれば2016年の2月と予測される大気圏再突入の前に運用終了となる。NASA開発のTMI(マイクロ波観測装置)とLIS(雷観測装置)は完全な降下まで運用を継続する。

TRMMは2001年に一度、運用軌道を打ち上げ当初の350キロメートルから402キロメートルまで変更する操作を行っている。現在の軌道からの降下中、JAXAは降水レーダ「PR」のデータ配信を停止する可能性があるが、元の高度の350キロメートルで再開することを検討しているという。

2004年、TRMMの運用を担当するNASAは、予算面の問題から一度は運用終了を宣言したことがある。しかしこのときは、気候や気象を研究する日米を始め多くの科学者が反対を表明し、運用継続が決定したという経緯がある。今年7月の台風8号を始め、気象現象の解明に活躍し続けているTRMMだが、当初予定の3年間という運用期間を大幅に越え、後継衛星GPMにしっかりと活動を引き継いで軌道を離れていくこととなった。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

  • JAXA、GPM主衛星による大型台風8号観測映像を公開 画像 JAXA、GPM主衛星による大型台風8号観測映像を公開
  • JAXA 世界の雨を観測する『GPM/DPR』衛星の詳細を発表 2月種子島で打ち上げ 画像 JAXA 世界の雨を観測する『GPM/DPR』衛星の詳細を発表 2月種子島で打ち上げ
  • JAXAと三菱重工、H-IIAロケット23号機の打上げ2014年2月28日に決定…GPM衛星を軌道に投入 画像 JAXAと三菱重工、H-IIAロケット23号機の打上げ2014年2月28日に決定…GPM衛星を軌道に投入
  • JAXAとNASAが共同開発した「GPM主衛星」が種子島宇宙センターに到着 画像 JAXAとNASAが共同開発した「GPM主衛星」が種子島宇宙センターに到着

特集