鬼怒川ゴム、日産から日本・タイでの受注減少や為替差で減益…2014年4-6月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
鬼怒川ゴム工業が発表した2014年4-6月期の連結決算は、営業利益が前年同期比14.3%減の13億3200万円と減益となった。

売上高は同1.4%増の176億8200万円と小幅な増収となった。日本、アジアで主要納入先である日産自動車から受注が減少したものの、米州がメキシコ拠点の操業度が上昇した効果などで全体を押し上げた。

日本やタイでの生産減少や前期に計上していた為替差益がなくなったことなどから、経常利益は同33.4%減の12億5700万円と大幅減益となった。純利益は同41.1%減の6億9400万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ユニプレス、日産からの受注好調ながら為替差損で経常減益…2014年4-6月期決算 画像 ユニプレス、日産からの受注好調ながら為替差損で経常減益…2014年4-6月期決算
  • カルソニックカンセイ、為替差損で経常減益に…2014年4-6月期決算 画像 カルソニックカンセイ、為替差損で経常減益に…2014年4-6月期決算
  • 鬼怒川ゴム通期決算…アジア、北米向け好調で増収増益 画像 鬼怒川ゴム通期決算…アジア、北米向け好調で増収増益

特集