横浜ゴム中間決算…売上、利益ともに過去最高を記録

自動車 ビジネス 企業動向
横浜ゴム・BluEarth E51
  • 横浜ゴム・BluEarth E51
横浜ゴムは8月8日、2014年1-6月期(第2四半期・累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高2838億7600万円(前年同期比+5.3%)、営業利益235億8600万円(+23.8%)、経常利益は226億0700万円(+9.6%)、純利益は179億5700万円(+38.4%)。売上・利益ともに過去最高を達成した。

主力のタイヤ事業では、国内新車用は消費税増税前の駆け込み需要や低燃費車への納入拡大、新型車への新規納入獲得により大幅に伸びた。国内市販用は消費税増税前の駆け込み需要や降雪の影響により夏用、冬用ともに好調だった。海外市場はロシアなどで需要低迷が続いたが、北米、欧州、中国で販売が回復した。

そのほか、ホース配管、シーリング材、ゴルフ用品が伸びたほか、原材料価格の低下や為替円安も利益を押し上げた。

通期業績見通しについては、各事業の進捗を加味し、売上高は6350億円(前回予想比-120億円)に下方修正、経常利益は600億円(同+25億円)、最終利益は420億円(同+45億円)に上方修正、営業利益は630億円の前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集