東洋ゴム、乗用車用スタッドレス OBSERVE GARIT GIZ 発売…氷上での性能アップ

自動車 ビジネス 国内マーケット

OBSERVE GARIT GIZ
  • OBSERVE GARIT GIZ
  • アイス制動性能 従来品比10%短縮
  • アイスコーナリング性能 従来品比14%向上
東洋ゴム工業は7月14日、乗用車用スタッドレスタイヤ「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)」を新たに開発し、8月1日より全国一斉発売する、と発表した。

新商品名「OBSERVE GARIT GIZ」の「GIZ」は、「グリップのG」「アイスのI」「究極をめざすZ」から創った造語。「OBSERVE GARIT GIZ」は、氷上でのグリップ性能、つまり凍結(アイス)路面でのブレーキングとコーナリングの性能をさらに向上し、慎重なコントロールが必要な冬道も確かな走り応えで高い安心性能を実現するスタッドレスタイヤとして開発した。

凍結路面でのタイヤの走行性能を確保するために、氷の表面にできるミクロ単位の水膜にどう対処するかをフォーカスポイントとしたことが今回の新製品開発の特徴。主に、新素材の採用という材料面からのアプローチと新技術を具現化したパターン設計からのアプローチにより、課題解決を図った。

新開発「NEO吸着ナノゲルゴム」と「新吸着3Dサイプ」の採用により、吸水・密着・ひっかきの3つの効果で、氷をしっかりと捉え、優れたアイス性能を発揮する。凍結路面における制動距離を当社従来品(GARIT G5)比10%短縮、またコーナリング性能を同14%向上した。

発売サイズは13~18インチ/64サイズ、価格はオープン価格。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集