国交省、トンネル維持管理次世代社会インフラ用ロボット技術を決定

自動車 社会 行政

国土交通省、次世代社会インフラ用ロボット(トンネル維持管理)「現場検証対象技術」を決定(参考画像)
  • 国土交通省、次世代社会インフラ用ロボット(トンネル維持管理)「現場検証対象技術」を決定(参考画像)
  • 国土交通省、次世代社会インフラ用ロボット(トンネル維持管理)「現場検証対象技術」を決定(参考画像)
国土交通省は、次世代社会インフラ用ロボット(トンネル維持管理)「現場検証対象技術」を決定したと発表した。

4月9日~5月28日に、維持管理に役立つ技術として「現場検証・評価」の対象とする「ロボット技術・ロボットシステム」を公募した。この結果、民間企業や大学などから16件10者の応募があった。

応募の中から「次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会トンネル維持管理部会」が基本要件を確認、今回、現場検証対象技術として近接目視の代替または支援8件・8者、打音検査の代替または支援8件・8者を決定した。

決定した技術は「インフラ維持管理用ロボット技術開発」、「近接目視・打音検査などを用いた飛行ロボットによる点検システム」、「打音によるコンクリート変状の自動識別システム」、「トンネル覆工コンクリート調査車」など。

今後、10月からの現場検証に向けて、検証方法、検証場所について、現場説明会を通じて応募者と協議し、トンネル維持管理部会の審議を経て、具体化を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集