ジャパンマリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリアー「AZUL BRISA」引渡し

船舶 企業動向

AZUL BRISA(アスール ブリサ)
  • AZUL BRISA(アスール ブリサ)
ジャパン マリンユナイテッドは16日、熊本県の同社有明事業所で建造していたSKYLARK NAVIGATION INC.(スカイラーク・ナビゲーション・インク)向け次世代省エネ型バルクキャリアー「AZUL BRISA(アスール ブリサ)」を引き渡した。

本船は鉄鉱石/石炭の太平洋トレード用のケープサイズバルカーとしてヒット商品となった205,000DWT型船の後続船型であり、載荷容量を増大させ、GHG25%削減を目標に開発されたGシリーズの 209,000DWTバルクキャリアーだ。

本船最大の特徴は、低風圧居住区による風圧抵抗の削減や低摩擦塗料による摩擦抵抗の削減、及び補機インバーター化及びLED照明の採用による省電力化により、GHG削減、燃費性能の向上を徹底的に追求した、という。

本船の概要は、全長299.99m×幅50.00m×深さ25.00m×喫水18.43mで、載貨重量は20万9635t、総トン数は10万7051t、主機関はMAN-B&W 7S65ME-C8.2、航海速力は14.50ノット、定員は25名、船級はNKで、船籍は日本となっている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース