機内食で「たこシャン」 LCCのピーチ、たこ焼きとシャンパンをメニューに

航空 企業動向
ピーチ仕様のたこ焼
  • ピーチ仕様のたこ焼
  • PEACH DELIの新メニュー
  • 柑橘ちゅうちゅうゼリー
関西国際空港が拠点のLCC ピーチ・アビエーションは、6月6日から、機内食「PEACH DELI」に「たこ焼」をラインナップし、販売を開始している。

PEACH DELIに追加されたのは、大阪・道頓堀の「たこ昌」のたこ焼で、7個入が680円。機内でもおいしく食べられるように、通常のたこ焼と比べ、旨味を改良した手焼きのピーチ特別仕様だ、という。

同時に、夏メニューにリニューアルし、2014年に創業100年を迎えるカタシモワイナリーの「大阪カタシモワイナリーたこシャン」を980円でラインナップ。

大阪のブドウ農家:カタシモワイナリーと共同で1本ずつ手造りしたシャンパンで、瓶内発酵にこだわったやわらかな甘味と酸味が特徴。たこ焼きと一緒に楽しめる「たこシャン」セットは1430円で、数量限定で販売となっている。「ビールセット」の1080円、「ドリンクセット」の830円もある。

さらに、就航地メニューとして愛媛、松山から「柑橘ちゅうちゅうゼリー」の450円を追加した。大阪の老舗「千房」の「鹿児島黒豚モダン焼き」、「とろ~りチーズがおいしい、沖縄風タコライス」などを提供している。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集