三菱航空機、P&WからMRJ初号機に搭載するエンジンを受領

航空 企業動向

三菱航空機は、開発中の次世代リージョナル旅客機「MRJ」に搭載する「PurePower PW1200Gエンジン」を受領したと発表した。

このエンジンは、プラット・アンド・ホイットニー(P&W)がカナダのミラベル航空宇宙センター(ケベック州ミラベル市)から出荷したもので、MRJの最終組み立てを行う三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場(愛知県西春日井郡豊山町)でMRJ飛行試験機初号機に搭載される。

三菱航空機はMRJのエンジンを受領したことで、今後、装備品の艤装作業を本格化させる。

P&WのエンジンPure Power PW1000Gシリーズは、同社の独自技術である「ギアード・ターボファン(GTF)」の採用により、タービンを高速回転させて最適な効率を得る一方で、ファンを低速で回転させることにより燃費を大幅に改善、騒音も低減する。これによって従来のリージョナル機と比べ運航経済性と環境適合性を飛躍的に向上できるとしている。

今回受領したPurePower PW1200Gエンジンは、P&WがMRJ用に開発したもの。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集