大型バイクがカーブで単独転倒、運転者が意識不明

自動車 社会 社会

25日午後2時ごろ、大分県中津市内の国道212号を走行中の大型バイクが単独転倒し、道路左側のガードパイプに衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた43歳の男性が意識不明の重体となっている。

大分県警・中津署によると、現場は中津市本耶馬溪町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。福岡県福智町内に在住する43歳の男性が運転する大型バイクは右カーブを曲がりきれずに路外へ逸脱。道路左側のガードパイプに衝突した。

男性はドクターヘリで病院へ搬送されたが、頭部強打で意識不明の重体となっている。巻き込まれた車両はなかった。

警察では男性が運転操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品