ブラジルがインド映画100年の歴史を切手に

エマージング・マーケット インド・南アジア

ブラジルがインドのグラフィックデザイナーによってデザインされたインド映画にちなんだ2種類の切手を発行するとエコノミックタイムスが伝えた。

この切手は5月5日に首都ブラジリアで発行され、世界規模の映画祭が開催されることを記念して現代インド映画への尊敬の念を表したものである。映画祭のキュレーター、アーナンド・ジョーティ氏とディレクターのカリーナ・ビニ・パラカピリ氏を伴ってインドのブラジル大使アショーク・トマール氏がデザインした。

この映画祭は6月12日から7月13日まで開催されるサッカーワールドカップののちに行われ、式典にはブラジル郵政省の文化局長らが参加する。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品