三菱重工舶用機械エンジンの次世代エンジン初号機、ライセンシーが受注

船舶 テクノロジー

UEC50LSH-Eco
  • UEC50LSH-Eco
三菱重工舶用機械エンジン(MHMME)が開発する次世代エンジン「UEC50LSH-Eco」の初号機を、ライセンシーである神戸発動機が受注した。

今回受注したエンジンUEC50LSH-Ecoは、MHMMEが舶用低速ディーゼルエンジン(三菱UEエンジン)の次世代機種として開発してきた。新開発エンジンは、低燃費で減速運航時でも高効率運転が可能な最新鋭のエンジンで、新来島どっくが建造する35型ケミカル船に搭載される。初号機の完成は2015年3月、搭載船舶の竣工は2015年10月の予定。

UEC50LSH-Ecoの特徴は、三菱重工舶用機械エンジンがLSEシリーズに続く新舶用低速ディーゼルエンジンのシリーズで先陣を切る製品で、低燃費、減速運転対応、低回転化、排ガス規制対応など最新の市場ニーズに多彩なソリューションで応えることができる点。

UEC50LSH-Ecoは、バルクキャリア(Handymax BC、Supramax BC、Ultramax BCなど)、中型タンカー、ケミカルタンカーなどに最適な出力・回転数を実現し、燃費消費率の圧倒的な優位性を確保するとともに、ロングストローク/低回転化によりプロペラ推進効率の向上をはかって、燃料消費率の更なる低減を実現している。

MHMMEはUEC50LSH-Eco初号機の受注を弾みとして、この新エンジンの優れたコンセプトを他エンジンに順次展開し、今後も、ライセンシー各社と協力して、船舶のエネルギー効率を高め、船舶の効率的な運航と地球環境保全に貢献したい、としている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集