日本訪問のナジブ首相、安倍首相と会談を予定

エマージング・マーケット 東南アジア

ナジブ・ラザク首相は訪問先の東京で安倍晋三首相と首脳会談を行う予定だ。会談では経済や投資に焦点を置き、より包括的な二国間の協力について話し合われると見られている。

また、31年目を迎えるルック・イースト政策(東方政策)の第2波についても協議が行われる予定だ。第2波では教育や人材育成だけでなく、経済や投資面での協力にも重点が置かれる。

ナジブ首相と安倍首相が首脳会談を行うのはここ10カ月間で3度目となる。シャハルディン・モハマド・ソム駐日マレーシア大使は、マレーシア航空(MAS)MH370便の失踪事件に関して、安倍首相はナジブ首相に対して支援を表明、豪州沖における捜索活動にも海上自衛隊や海上保安庁が協力しており、両首相の絆は強いと述べた。

ナジブ首相は昨年12月に東京を訪問した際、マレーシアと日本は「旧友」であり友情は深まっているとコメント。両国関係は経済協力の基に成り立っていると語った。

日本企業はマレーシアにおいて活発に投資を行っており、これまでに30万人分の雇用を創出している。
製造業における日本企業の投資額は昨年730億リンギとなっている。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月21日)
千田真理子

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品