JR四国の新型特急8600系、6月23日から運転開始

鉄道 企業動向

JR四国が予讃線に投入する8600系の外観イメージ。6月23日から『いしづち103・104号』で営業運転を開始する。
  • JR四国が予讃線に投入する8600系の外観イメージ。6月23日から『いしづち103・104号』で営業運転を開始する。
JR四国は5月21日、新型車両の8600系特急形電車の営業運転を6月23日から開始すると発表した。これに先立ち試乗会や車両展示会も実施する。

8600系で運転するのは、高松6時00分発~松山8時36分着の『いしづち103号』と松山20時34分発~高松22時58分着の『いしづち104号』。ただし7月1日以降は車両の試験や検査などにより、原則として水・木曜の『いしづち103号』と火・水曜の『いしづち104号』は2000系気動車で運転する。

試乗会はA~Cの3コースが設定され、運転区間と運行時刻はAコース(6月21日、松山駅10時10分集合)が松山10時37分~今治12時25分、Bコース(6月22日、新居浜11時15分集合)が新居浜11時44分~観音寺12時29分、Cコース(6月22日、観音寺13時15分集合)が観音寺13時45分~高松15時08分となる。試乗1区間につき各100人、計300人の参加者を募集。申込みは5月21日から6月9日まで電子メールで受け付ける。

車両展示会は松山駅3番線ホーム(6月21日9時30分~10時20分)と今治駅3番線ホーム(6月21日12時30分~13時50分)、新居浜駅3番線ホーム(6月22日11時~11時30分)、観音寺駅3番線ホーム(6月22日12時35分~13時30分)、高松駅9番線ホーム(6月22日15時10~45分)で実施。展示会各駅で配布する入場整理券で、無料で入場して車両を見ることができる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集