【人とくるまのテクノロジー14】日野、大型車用ディーゼルエンジンなどを展示

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は、5月21日から23日にパシフィコ横浜にて開催される「人とくるまのテクノロジー展2014」に、大型車用ディーゼルエンジン、トランスミッション、および排出ガス後処理システムなどを出展する。

日野自動車は、高い次元で燃費性能と環境性能を両立させた、排気量1万2913ccの大型車用ディーゼルエンジン「E13C」を、4社合同の大型エンジン企画として展示。同エンジンは大型トラック「日野プロフィア」、大型観光バス「日野セレガ」に搭載されている。

また、大型トラック用機械式自動変速機「プロシフト12」、ディーゼル商用車用排出ガス後処理装置を展示するほか、衝突被害軽減ブレーキ「PCS」、「ドライバーモニター」、「車線逸脱警報装置」などの安全技術や、ハイブリッド技術、EV、PHVなどの次世代商用車技術についても映像やパネルでわかりやすく紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集