ロールスロイス、110周年の歴史を伝えるツアー日本開催…豪華ラインアップを公開

自動車 ビジネス 企業動向

ロールス・ロイス レイス
  • ロールス・ロイス レイス
  • ロールス・ロイス ファントム
  • ロールス・ロイスアイコンツアー開催
  • ロールス・ロイスアイコンツアー開催
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッド アジア太平洋ゼネラルマネージャーのダン・バルマー氏
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドコーチラインなどのペインティング担当のマーク・コートさん
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドゴーストとレイスのインテリア・レザー担当のハナ・クレアさん
  • ロールス・ロイスアイコンツアー開催
5月16日、ロールス・ロイス・モーターカーズは、コーンズ・モータースと共に、ロールス・ロイスを紹介するアジア初の巡回展“ロールス・ロイスアイコンツアー”を開催した。イベントでは、超豪華ラインアップを一斉公開した。

このツアーは、ロールス・ロイス創業110周年を記念したもので、4月にシンガポールでスタートし、日本は2番目の開催地である。その後、香港、韓国(ソウル)へ巡回予定だ。

ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッド アジア太平洋ゼネラルマネージャーのダン・バルマー氏は開催理由を、「ロールス・ロイスというブランドを、より一般の人々に広く知ってもらうことだ」という。

「クラフトマンシップやエンジニアリング、そして、ロールス・ロイスというブランドがどういうものかを知ってもらうことで、もっと身近に感じてもらえるクルマだということをわかってもらうことが目的だ」とし、そのために本国から職人が来日し、実際にデモンストレーションを行うことで、「値段は高いクルマだが、その値段の価値があるということを知ってもらいたかった」。

また、110年にもわたる歴史も伝えたいとダン氏。「我々の歴史は110年あるが、110年間日本でロールス・ロイスが売られていたわけではなく、実際には1964年からなので、50年ほどだ。つまり、我々の歴史の半分くらいしかカバーできていない。そこで、もう少しロールス・ロイスのストーリーを伝えたいのだ」と述べる。

最後にダン氏は、「もう何世代にもわたって、ロールス・ロイスは最高級のクルマとして、認識されてきた。一時期衰退していた時期はあったが、いまはまた我々はそのポジションを確立しているのだということを伝えたい」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集