帝人、世界最大の太陽光発電関連展示会「SNEC PV POWER EXPO14」に初出展…中国

自動車 ビジネス 企業動向

帝人のモビリティ事業
  • 帝人のモビリティ事業
  • 帝人のソリューション事業
帝人は、5月20日~22日に中国・上海の上海新国際博覧中心で開催される太陽光発電関連の展示会「SNEC PV POWER EXPO 2014」に初出展する。

本展示会は、中国・世界各国から太陽電池や太陽光発電システムの研究開発・製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置・太陽電池が一堂に出展される、太陽電池業界において世界最大の国際商談展。

帝人グループは、環境・エネルギー分野を重点領域の一つと位置付けており、今回の出展では、クリーンエネルギーとして注目される太陽電池向けに、最先端の電子材料「NanoGram Si(シリコン)インク/ペースト」(開発品)を展示する。

このNanoGram Siは、同社のグループ会社である米国・ナノグラム社が開発したもので、ナノ粒子の製造技術・分散技術をベースにしている。

使用されるシリコン粒子は数nm(ナノメートル)~数10nm(ナノメートル)のサイズに制御されており、この製品を基材に印刷することにより、薄膜から厚膜まで対応が可能。また、このシリコンナノ粒子は分散剤を使用せずに高い保存安定性を有するため、インクジェット印刷、スクリーン印刷に対応することが可能であり、印刷工程を含むエレクトロニクス用途に適しているという。

NanoGram Siを既存の太陽電池の製造工程に使用することにより、今後市場拡大が予想されるシリコン結晶系高効率太陽電池の変換効率向上や、省プロセス化を実現することができる。

当展示会では、この製品の基本的な特性や、同社が提案する太陽電池の変換効率向上を実現するソリューションが紹介される。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集