若田宇宙飛行士が無事帰還、「やっぱり地球はいい」

宇宙 エンタメ・イベント

帰還した若田宇宙飛行士
  • 帰還した若田宇宙飛行士
  • 次の船長へ指揮権を移譲する若田宇宙飛行士
  • ISSコマンダー(船長)への道のり
 国際宇宙ステーション(ISS)で日本人初の船長を務めた若田光一宇宙飛行士が5月14日、ロシアのソユーズ宇宙船で地球への帰還を果たした。若田宇宙飛行士は「やっぱり、地球はいい」とコメントし、元気な姿を見せた。

 若田宇宙飛行士は、第38/39次長期滞在クルーの一員として2013年11月7日、ソユーズ宇宙船により打ち上げられ、188日間にわたってISSに滞在。後半の第39次長期滞在では、日本人初のコマンダーとして、滞在期間中の指揮をとった。

 5月14日午前10時58分(日本時間)、ソユーズ宇宙船でカザフスタン共和国の草原に無事着陸。搭乗員2人とともに元気な姿を見せた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、健康状態に問題はない模様。若田宇宙飛行士は「ただいま、帰ってきました。長い間、無機質な国際宇宙ステーションにいたので、カザフスタンの草原のそよ風に迎えられた感じがします。やっぱり、地球はいいです」とコメントしている。

 また、帰還に先立ち、5月13日午前4時過ぎ(日本時間)からは、ISSで指揮権を移譲するセレモニーも執り行われた。
《奥山直美》

編集部おすすめのニュース