ソニー決算会見、陳謝に終始

自動車 ビジネス 企業動向

ソニーの2014年3月期決算会見の様子
  • ソニーの2014年3月期決算会見の様子
  • ソニーの2014年3月期決算会見の様子
ソニーは5月14日、2014年3月期連結決算を発表した。それによると、売上高が7兆7672億円と前期比14.3%増えたものの、営業利益は88.3%減の264億円、当期純損益は1283億円の赤字で、2015年3月期も500億円の最終赤字を予想する。

そのため、決算会見は吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)が終始陳謝していた。
「12年度に発表した15年3月期に営業利益率5%という目標数値を達成できず、株主はじめ関係者の期待に応えられないことを大変申し訳ないと思っている」
「株主の皆様には3回目の下方修正を経て最終赤字となったこと、また今期についても構造改革を進めるために最終赤字を見込んでいることについて、大変申し訳なく思っている」
「構造改革への取り組みが遅れたことについては真摯に反省しなければならない。現状認識が甘かった」

ソニーは「ソニーショック」と呼ばれた2003年3月期以降、断続的に業績不振に陥り、その度に構造改革を行ってきたが、長いトンネルからなかなか抜け出すことができていない。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集