【人とくるまのテクノロジー14】NGK、ターボ用高着火プラグを初公開

自動車 ビジネス 企業動向

日本特殊陶業は、5月21日から23日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2014」に出展する。

日本特殊陶業は「クルマ社会に貢献する、先進のテクノロジー」をテーマに、燃費向上やエミッション低減をはじめ、社会に様々な形で貢献する製品を展示する。

スパークプラグ関連では、ガソリンエンジンのトレンドである高過給ターボの“高放電電圧"に対応するため、設計・製造方法を一新した「ターボ用高着火プラグ」を初展示する。ディーゼルエンジンに対しては、セラミックグロープラグに燃焼圧センサを組み合わせ、異常燃焼の検知およびエミッション低減に貢献する「セラミック GIPS」を展示。

また、エミッション性能をコントロールするセンサ関連では、早期活性化や小型化を実現した酸素センサや全領域空燃比センサを紹介する。加えて、セラミック技術を核とした水素漏れ検知センサ等の各種センサ、安全な運転をサポートする車載デバイスに使用される半導体パッケージ、自動車産業の分野で活躍する切削工具、転がり抵抗の低減で省エネルギーにも貢献する窒化珪素製のベアリングボールなど、幅広い分野でクルマ社会に貢献する製品を出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集