スイス車両メーカー、スイス国鉄から連接式の高速列車29本を受注

鉄道 企業動向

スイスの車両メーカーシュタッドラー・レールはスイス国鉄から連接式の高速電車29編成を受注したと発表。最高速度は250km/hで、国際列車に使用される
  • スイスの車両メーカーシュタッドラー・レールはスイス国鉄から連接式の高速電車29編成を受注したと発表。最高速度は250km/hで、国際列車に使用される
スイスの車両メーカー、シュタッドラー・レールはこのほど、スイス国鉄(SBB)から最高速度250km/hの高速電車29編成を受注したと発表した。他国への乗り入れに対応した低床式の連接車両で、国際列車に使用される。

新たに開発される電車は「EC250」と呼ばれ、全長200mの11車体連接車。バリアフリーに対応した低床車両で、スイスのほかイタリア、ドイツ、オーストリアに乗り入れが可能な設計となる。受注額は9億8000万スイスフラン(約1130億円)。

鉄道業界誌レールウェイ・ガゼット・インターナショナル(オンライン版)によると、車両は2019年から納入を開始。2016年末の営業運行開始をめざして現在建設が進んでいるゴッタルド・ベーストンネル(全長約57km)を通り、スイス国内とイタリアのミラノを結ぶ列車に投入される予定で、現在ゴッタルド峠を越える路線で使用されている振り子式電車ETR610形やICN(RABDe500形)を置き換える計画という。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集