ハーレー・ダビッドソン、現地生産のバイクとして売上独走…インド

ハーレー・ダビッドソンが4月から納車を開始した『ストリート750(Street750)』の売上が好調である。

エマージング・マーケット インド・南アジア
ハーレー・ダビッドソンが4月から納車を開始した『ストリート750(Street750)』の売上が好調である。

同社は今年2月に41万ルピーという価格で同車を発表し、翌3月に予約を開始、4月に納車を開始した。

インド自動車工業会(SIAM)によると、同社が4月に販売した361台のバイクのうち210台がこのモデルだったという。

現在同社はストリート750を含む13のモデルをハリヤナ州のバワル工場で製造、販売しており、価格は41万ルピーから290万ルピーとなっている。

2011年の初旬からハーレー・ダビッドソンはブラジルに続きインドでノックダウン生産を開始している。
編集部

編集部おすすめのニュース

  • 4月のインド国内自動車販売台数が2ケタ台の減少 画像 4月のインド国内自動車販売台数が2ケタ台の減少
  • 4月のインド新車販売、13%減…17か月連続のマイナス 画像 4月のインド新車販売、13%減…17か月連続のマイナス
  • ヤマハ、インド向けスクーター『シグナス・レイ Z』がインドのデザイン賞「I Mark」を受賞 画像 ヤマハ、インド向けスクーター『シグナス・レイ Z』がインドのデザイン賞「I Mark」を受賞
  • ハーレー・ダビッドソン の第1四半期決算、純利益は18.6%増 画像 ハーレー・ダビッドソン の第1四半期決算、純利益は18.6%増