製造業への投資額、第1四半期で52.7%増加

エマージング・マーケット 東南アジア

今年第1四半期に認可された製造業への投資額が、前年同期比52.7%増加の171億リンギとなった。ザ・スターが報じた。

ムスタパ・モハメド通産相によると、外国直接投資(FDI)は全体の45.5%を占める131億リンギとなった。国別でみると、トップは日本の59億リンギで、2位以下は▽ドイツ(40億リンギ)▽シンガポール(12億リンギ)--の順となった。南アフリカ(7億リンギ)や台湾(5億リンギ)からの投資も増加した。

州別では、サラワク州が73億リンギで最も投資を誘致した。それに▽ケダ州(40億リンギ)▽セランゴール州(20億リンギ)▽ジョホール州(13億リンギ)▽ペナン州(8億リンギ)▽サバ州(5億リンギ)--が続いた。

産業別では、化学及び化学製品、電気・電子(E&E)、基礎金属製品、食品、輸送機器で投資を誘致した。投資により1万8677人分の雇用創出が見込まれている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品