本当にほしい「母の日ギフト」は?母親500名に調査実施

自動車 社会 社会

母の日ギフトで人気高まる体験型
  • 母の日ギフトで人気高まる体験型
  • 母の日のギフトに関する意識・実態調査実施
  • 母の日ギフトで人気の家電
  • 母の日ギフトで人気高まる体験型
  • 母の日のギフトに関する意識・実態調査実施
トレンド総研は、40から60代の母親500名を対象に「母の日ギフト」に関する意識・実態調査を実施した。

「母の日を意識・期待」しているのは約3人に1人。具体的には「ギフトがもらえるかどうか」(62%)「ギフトの内容」(53%)など母の日ギフトにまつわる回答が多く、「子供との食事」(51%)「家族での食事(48%)」など食事を期待する声も多数。

今までもらって嬉しかった母の日ギフトは「花」(47%)が「食品・飲料」(19%)、「服・アクセサリー類」(19%)などを大きく引き離して1位。また「私の好きそうなものを知ったうえで生活に役立つものを贈ってくれた(50代)」「体が疲れていることを知って、健康グッズをくれた(50代)」「美容・健康グッズをもらい、娘も大人になってそういうものを使うようになったのだなと思った(60代)」など、ギフトを通して感じられる子供の思いやりや成長を喜ぶコメントが目立った。

息子からもらいたい母の日ギフトは「肩たたき券」(55%)、「手作りの工作品・絵」(52%)、「花」(50%)、娘からもらいたいギフトは「家事などの『お手伝い券』」(61%)、「手作りの工作品・絵」(59%)、「肩たたき券(58%)」など、気持ちを感じられるものがそれぞれベスト3。夫からもらいたいものは「健康・美容家電」(45%)、「デジタル機器」(41%)、「体験プレゼント」(38%)、「服・アクセサリー類・調理器具」(35%)など実用的なものが上位を占めた。

トレンドウォッチャーのくどうみやこ氏は「近年の不安な社会情勢や震災などの影響から、感謝の気持ちをきちんと表現したいと考える人も増加している」とコメント。母の日ギフト市場では、特に母娘関係に着目した「母娘の絆ギフト」が注目株。20から30代の子供世代が、自分が良いと思っているものを母親にプレゼントする形が目立つという。また、ここ数年は思い出に残るギフトであることと使い続けられる実用性があることがギフト選びのポイントに。親子でクルージングやスパなどを楽しむ「親子デート」などの体験ギフトも人気を集めている。
《くまがいなお》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品