ジャムコ、B787関連製品などの受注好調で大幅な増収増益…2014年3月期決算

航空 企業動向

ジャムコが発表した2014年3月期連結決算は、経常利益が前年同期比46.2%増の45億3900万円と大幅増益となった。

売上高は同26.1%増の649億1400万円と大幅増収となった。航空機内装品事業では、ボーイング787関連製品やシートなどの出荷が増加したのに加え、スペアパーツ販売増加、為替換算による効果もあって大幅増収となった。

航空機整備事業では、装備品整備の受注が減少したものの、機体整備の受注機数が増加したことから増収となった。

収益では、主力製品であるギャレーの製造コスト削減、スペアパーツ販売増加、為替差益の効果などから営業利益は同48.6%増の42億8800万円と増益となった。純利益は同59.2%増の27億2100万円となった。

今期の通期業績見通しは売上高が同11.8%増の725億9400万円、営業利益が同35.0%増の57億8900万円、経常利益が同17.6%増の53億3900万円、純利益が同11.8%増の30億4300万円を予想する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品