スズキ鈴木会長「14年度の軽市場は200万台はいける」

自動車 ビジネス 企業動向

スズキの鈴木修会長兼社長は5月9日の決算発表会見で、2014年度の軽自動車市場について「期待を込めて200万台はいけるのではないかと思っている」との見通しを示した。

14年度の軽自動車需要は、日本自動車工業会が先に、過去最高だった13年度の226万台から2割少ない181万台との予測を公表している。鈴木会長は「自工会は40万台強も落ち込むとの見通しだが、そこまでは落ちないだろう」と述べ、12%の減少となる200万台レベルが見込めるとした。

軽市場は15年度から軽自動車税が増税されるため、今年度末には駆け込み需要も顕在化する見込み。鈴木会長は7%減の60万台とした自社の今年度軽販売計画にも、駆け込み需要は織り込んだという。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集