GSユアサ通期決算…車載用リチウムイオン電池好調で増収増益

自動車 ビジネス 企業動向

GSユアサ(イメージ)
  • GSユアサ(イメージ)
GSユアサは5月8日、2014年3月期(通期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高3479億9500万円(前年同期比+26.8%)、営業利益181億9700万円(+86.2%)、経常利益は203億3300万円(+65.9%)、純利益は99億8200万円(+73.1%)だった。

車載用リチウムイオン電池や電源装置の好調な販売に加え、第2四半期よりタイの持分法適用関連会社を連結子会社化したことや、為替の影響などにより売上高・営業利益ともに大幅増。最終利益も、第1四半期に三菱自動車リコール関連の特別損失を計上したが、投資有価証券の売却益の計上などで、前期比7割増となった。

今期の業績見通しについては、売上高3800億円(+9.2%)、営業利益250億円(+37.4%)、経常利益260億円(+27.9%)、純利益130億円(+30.2%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集