ボルボ・カー 神戸、移転新築オープン…日本最大級のフラッグシップ・ショールーム

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボ・カー 神戸
  • ボルボ・カー 神戸
  • エクステリア
  • インテリア
ボルボ・カー・ジャパンの正規ディーラーである伊丹産業カーズは、神戸市中央区に「ボルボ・カー 神戸」を5月8日に移転新築オープンし、同日営業を開始した。

ボルボ・カー 神戸は、ボルボ・ショールーム「VOLVO RETAIL EXPERIENCE(VRE)」を全面的に採用した全国3番目の店舗として設計施工され、VREを採用した店舗として日本初となるフラッグシップ・ショールーム基準(屋内新車展示台数9台以上)を満たす店舗になる。

店舗は神戸の中心三宮駅からほど近い国道2号線に面した場所に位置しており、延べ床面積は3000平方m(敷地面積:2130平方m)の大型店。「Cool Outside,Warm Inside(外は冷たく中は暖かい)」コンセプトに基づいてデザインされ、現代的でクールなガラスファサードで覆われたエクステリアに対し、インテリアは暖かみのあるスカンジナビア家具やカフェコーナーを備えたゆったりと寛げる空間を演出している。

サービス工場は車両1台につき2人のメカニックが1組で整備することで作業時間を短縮し、顧客が待っている間に作業を完了できる領域を増やし、利便性を向上させた、「OHS (One Hour Stop)」専用ベイを2ベイ設置している。

またショールーム2Fに認定中古車6台を展示するVOLVO SELEKTも併設している。ボルボ・カー神戸ではオープンを記念し、5月8日~15日にフェアを開催する。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集