【GW】ピーチ、国内線の利用率は5.2ポイントダウンの86.1%…重大インシデントで4便運休

航空 企業動向

ピーチ・アビエーションは、2014年度ゴールデンウィーク期間中(4月25日~5月6日)の利用実績を発表した。

国内線の提供座席数は前年同期比51%増の11万4120席に対して旅客数は同42%増の9万8314人だった。増便や新規就航で提供座席数を大幅に増やしたため、利用率は5.2ポイントダウンしたものの、86.1%と依然として高い水準。

国際線は提供座席数が同82%増の4万3200席に対して、旅客数は同84%増の3万6751人と大幅増となった。利用率は1.0ポイントアップの85.1%だった。

一方、同社では4月28日のMM252便が重大インシデントの認定を受けたことに伴って、機材保全、点検のため、29日の大阪(関西)~札幌(新千歳)線2便、大阪(関西)~東京(成田)線2便の計4便を欠航した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集