下村文科相が訪馬、マハティール氏らと会談

エマージング・マーケット 東南アジア

下村博文 文部科学相が4-6日の日程でマレーシアを訪問、マハティール・モハマド元首相やカイリー・ジャマルディン青年スポーツ相らと会談し、両国間のスポーツ・教育・文化・科学技術面での協力について意見を交換した。

下村文科相の今回の訪馬は、インドネシア、シンガポールと合わせた東南アジア諸国連合(ASEAN)3カ国訪問の一環。「ルックイースト政策」の生みの親であるマハティール元首相との会談では、下村大臣は20年にわたる経済低迷を脱し、教育・経済の再建に取り組みたいとする安倍晋三内閣の方針を伝え、マハティール氏は日本語による日本式大学の誘致を希望すると応じた。日本の大学のマレーシア誘致については、これに先立って行われたマレーシア元留日学生協会(JAGAM)などとの会見でも要望が出された。

カイリー青年スポーツ相との会談では、2020年に開催される東京オリンピックの担当大臣として、招致にあたってスポーツ面でのASEANなどへの貢献を公約した日本の立場を説明した。

P.カマラナタン副教育相との会談では、ルックイースト政策に基づく留学生交流の促進することで一致。カマラナタン副相は両国協力促進の覚書を取り交わしたいと述べた。

このほか下村大臣は、2012年に開校したマレーシア日本国際工科院(MJIIT)の視察などを行った。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース