人工知能で不正乗車を検知、スペインの鉄道が新システム導入

鉄道 テクノロジー

スペイン・バルセロナ周辺などで鉄道網を運営するカタルーニャ公営鉄道(FGC)はこのほど、バルセロナのテクノロジー企業Awwaitと共同で、人工知能を活用した不正乗車監視システムを導入すると発表した。カメラで不審な人物の動きを特定し、警備員に通報する仕組み。

システムは、正規の切符を持った乗客の後を追って自動改札機を通過し、切符を持たずに乗車しようとする人物を発見するのが目的。自動改札機付近に設置したカメラの映像から、不正乗車の疑いがある人物をシステムが動きなどをもとに検知、警備員のモバイル端末に警報を送信する。警備員は端末に送られた映像で人物を特定し、正規の切符を持っていなかった場合は罰金を科す。

FGCではこれまで、改札口付近の不正乗車のチェックはコントロールセンターの係員がモニターを監視し、警備員に電話連絡する方法で行っていたが、今回の新システム導入で自動化が可能になるという。まず1つの駅に試行設置し、年内に数駅での使用開始を予定している。同社は不正乗車対策に力を入れており、2013年の不正乗車件数は0.041%まで減っているという。

FGCはバルセロナを州都とするカタルーニャ州に約270kmの路線網を持つ鉄道。バルセロナの通勤電車のほか、修道院で有名なモンセラート山へのアプト式登山鉄道などを運行している。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集