デイトナ、ツーリング用品など好調で増収増益…2014年1-3月期決算

モーターサイクル 企業動向

デイトナが発表した2014年1-3月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期の7倍の2100万円となった。

売上高は前年同期比6.9%増の12億8900万円と増収となった。国内拠点卸売事業で東京モーターサイクルショーへの出展や新商品の発売、主要得意先への導入など、積極的に取り組んだ結果、増収となった。

国内拠点卸売事業はツーリング用品やインターネット通販事業者向けの販売が好調だった。アジア拠点卸売事業では、現地卸商からの受注が低迷した。小売事業では大雪による臨時休業や店舗改装による営業日数減少の影響で減収となった。

収益では、増収効果や円安による仕入れコスト減少、経費削減などの効果で経常利益は前年同期の3倍の1800万円となった。当期純利益は1000万円で黒字転換した。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集