センコー、タイ・レムチャバン港に輸出入貨物を扱う物流センター新設

自動車 ビジネス 企業動向

センコー、タイに物流センターを新設
  • センコー、タイに物流センターを新設
センコーは、タイ最大の貿易港であるレムチャバン港に、輸出入貨物を中心に扱う物流センターを建設すると発表した。

また、バンコク市内からアクセスの良い内陸部のアユタヤ市内にも、物流センターの建設用地を購入した。

同社は現在、タイ国内に、バンコク市内にフォワーディング業務や、日系化学メーカーの工場内物流・国内輸送・輸出業務などを中心に行うセンコー(タイランド)を2006年7月に設立、事業展開してきた。

2012年には豊田通商タイと合弁でセンコー・ロジスティクス(タイランド)をチョンブリ県に設立し、2013年4月から日系自動車メーカー向けに自動車部品調達輸送事業を展開している。

ASEAN地域で国際分業と生産ネットワーク構築が進むことで、物流需要の拡大が見込まれており、特にタイは、「陸のアセアン」を繋ぐ高速道路網であるメコン経済回廊の中心で、「海のアセアン」でも重要な物流地域となっている。

同社は、アセアン物流ネットワーク構築による事業拡大を図るため、第1ステップとしてタイ国内に物流センターを開設する計画で、2015年4月にレムチャバン港に輸出入物流センターを、2016年4月に内陸部のアユタヤに物流センターをそれぞれ建設する。

第2ステップとして、タイ周辺諸国への拠点拡大を進め、タイを起点とした国際陸上輸送による「陸のアセアン」、第3ステップでは、海上輸送を中心とした「海のアセアン」への物流ネットワークを構築する計画。

レムチャバン輸出入物流センターは、3棟で構成する。敷地面積が4万8593平方メートル、延床面積が2万1416平方メートル。2015年4月から稼働する。

アユタヤ物流センターは敷地面積が4万5312平方メートル、延床面積が約2万平方メートル。2016年4月から稼働する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース