タタ・スターバックスがシロップ輸入停止を解除するよう高等裁判所に要請

エマージング・マーケット インド・南アジア

デリー市内モールの中にあるスターバックスの様子
  • デリー市内モールの中にあるスターバックスの様子
インド食品安全協会(FSSAI)が4月初旬から、スターバックスで使用されているフレーバーシロップの委託販売を停止していることに対して、ジョイントベンチャーであるタタ・スターバックスがムンバイ高等裁判所にこれを解除するよう求めたとエコノミックタイムスが報じた。

タタ・スターバックスは、このシロップはスターバックスがインドに上陸した時から使用されてきたものであり、世界64ヶ国で40年以上も使用されてきていると主張している。

FSSAIは昨年のディワリの時期にも、ゴディバやリンツといったチョコレートの委託販売を停止しているが、これはインドでの販売を前提とした商品ラベルが使用されていなかったためであるとしている。
編集部

編集部おすすめのニュース