エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、川崎市からAS365N3+を1機受注

航空 企業動向

エアバス・ヘリコプターズ、AS365 N3+(参考画像)
  • エアバス・ヘリコプターズ、AS365 N3+(参考画像)
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、川崎市からエアバス・ヘリコプターズ製ヘリコプターAS365N3+型1機を受注したと発表した。

今回受注した機体は、川崎市消防局が現在運用している機体の後継機として使用する予定で、2015年に納入する予定。

この機体は、新開発の可視・赤外線デュアルホイスト監視カメラや、温度計測・可視・赤外線機能を持つ最新のNEC製ヘリコプター用TVカメラを装備する予定。最新の消防・防災用装備品を搭載し、より安全により幅広い任務に対応することが可能となる。

川崎市消防局は現在、エアバス・ヘリコプターズと川崎重工業が共同開発したBK117を2機体制で運航している。これらの機体は、消防、防災、急患搬送、救難救助任務用として幅広い任務に使用している。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー社長は「大規模災害時におけるヘリコプターの重要性がますます認識される中、最新の装備を搭載した高性能のAS365N3+により、川崎市でのヘリコプターの運用の幅が広がり、今後の任務で更なる活躍が期待される」とコメントしている。

AS365N3+は、エアバス・ヘリコプターズ・ドーファンファミリーの中型双発ヘリコプターで、消防・防災、警察、報道など、幅広い分野で活用されている。国内では50機以上のドーファンファミリーが運用されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集