日本特殊陶業、スパークプラグ用絶縁体の新工場が完成

自動車 ビジネス 企業動向
日本特殊陶業・岐阜県可児市二野の新工場
  • 日本特殊陶業・岐阜県可児市二野の新工場
  • 竣工式の様子
日本特殊陶業は4月14日、スパークプラグ用絶縁体工場の竣工式を行ったと発表した。

同社は現在進行中の第6次中期経営計画の中で大型の設備投資を計画。中でも主力の自動車関連ビジネスにおいては「更なる強化」を目標に掲げ、2020年のプラグ需要に対応すべく各生産拠点で能力アップを進めている。

今回竣工した新工場は主力製品であるスパークプラグの絶縁体の生産拠点として岐阜県可児市二野に建設、今後大きな役割を果たしていくという。

竣工式で尾堂真一社長は「スパークプラグは当社製品の柱であり、今後も世界中で旺盛な需要が見込まれる。この需要にしっかりと対応し、今後も圧倒的な強さを誇れるよう全力を尽くしていく」と挨拶し、工場稼働への意気込みを語った。

新工場の投資金額は約280億円(第1次計画)、生産能力は月産約1350万本で段階的に生産能力を増強していく。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース