日本通運、プノンペン発日本向け複合輸送サービスを提供…輸送リードタイムを最大で6日短縮

自動車 ビジネス 企業動向
日本通運は、プノンペン発日本向けの複合輸送サービス「NEXSAO-CAMBODIA SAT(Truck & Sea/Truck & Air)」を4月から開始した。

新しいサービスは、プノンペン~ホーチミン間をトラック輸送し、ホーチミン発の船舶・航空便に接続、日本へ輸送する。船舶の場合は東京港・名古屋港・大阪港などの主要港、航空便の場合は成田空港や羽田空港を仕向地とする。

従来、プノンペンから日本へ輸送する場合、プノンペン港を利用した海上輸送か、プノンペン空港を利用した航空輸送に限られていたため、荷主企業などから「直行便がない」、「大量輸送のスペースが確保できない」などの不満があった。カンボジアへの進出企業増加に伴って、日本への物流ニーズが多様化しており、顧客が望むサプライチェーンや、デマンドチェーンの構築が求められている。

新しいサービスでは、プノンペン~ホーチミン間を陸送することで、東京港・名古屋港・大阪港といった日本主要港までの海上輸送で最大6日リードタイム短縮が可能となる。プノンペン出荷から日本主要港到着までの所要日数は約11日を実現する。サービス頻度は週3~4便で実施する。

航空便では、直行便による安定したスペースを確保する。

これにより、カンボジア日本通運が拠点を構えているプノンペンから日本への輸送については、輸送量・リードタイム・コストなど、顧客のニーズに合わせた物流サービスを提供していく。

さらに、カンボジアの経済成長を牽引する主要産業のひとつであるアパレル産業の顧客には、ハンガーコンテナーによる輸送サービスも用意する。

日本通運はこれまで、東南アジアにクロスボーダートラック輸送網を展開しており、各種輸送モードとサービスを組み合わせて商品を拡充してきた。今後は、日本向けに加え、全世界向けにも注力し、アセアン地域での輸送網拡充を図り、多様化する物流ニーズに対応していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本通運、物流拠点増設…羽田空港発着枠拡大による国際貨物の増加に対応 画像 日本通運、物流拠点増設…羽田空港発着枠拡大による国際貨物の増加に対応
  • 日本通運、パナソニックの物流子会社の買収手続きが完了…社名を「日通・パナソニック・ロジスティクス」へ変更 画像 日本通運、パナソニックの物流子会社の買収手続きが完了…社名を「日通・パナソニック・ロジスティクス」へ変更
  • 日本通運、新しい国際航空輸送によるドア・ツー・ドア一貫輸送サービスを開発 画像 日本通運、新しい国際航空輸送によるドア・ツー・ドア一貫輸送サービスを開発

特集