5月のKLIA2移転、エアアジアが拒否 現LCCT継続運用の構え

アブドル・アジズ・カパラウィ副運輸相は1日、クアラルンプール新国際空港(KLIA)の新格安航空会社(LCC)専用ターミナル(KLIA2)のオープンに伴い、現行の格安ターミナル(LCCT)を閉鎖すると発表した。

エマージング・マーケット 東南アジア
アブドル・アジズ・カパラウィ副運輸相は1日、クアラルンプール新国際空港(KLIA)の新格安航空会社(LCC)専用ターミナル(KLIA2)のオープンに伴い、現行の格安ターミナル(LCCT)を閉鎖すると発表した。

それに対し格安航空会社エアアジアは、KLIA2への移転の準備はできているが、全ての問題が解決した後で移転するとし、5月9日以降もLCCTに残り運行を続ける考えを表明した。

アイリーン・オマル最高経営責任者(CEO)は、KLIA2建設プロジェクトのアセスメントを行っているIKRAMプレミア・コンサルティング(IPC)の報告書で誘導路やエプロン(乗客の乗降や積荷の積み下ろしを行うために駐機する場所)などでヒビが発見されており、修復が必要と判断されたことを指摘。また国際旅客サービス税(PSC)や乗客のサービス料金がLCCTよりも高額となる可能性があり、乗客の負担の増加を懸念していると表明した。LCCTにおいて毎日約400機が離発着をおこなっており、エアアジアはKLIA2においていかなる問題もなく顧客にシームレスなサービスを維持する方針であることから、問題が解決しない限りはLCCTで運行を続けると述べた。

KLIA2は格安航空の需要の高まりを受け、現行の格安ターミナル(LCCT)に代わるものとして建設が始まった。年間取扱能力は4500万人。当初の完成予定は2012年4月だったが、設計変更などにともなう工事の遅れで少なくとも3度にわたって完成予定が延期され、最終的に開業日は5月2日となっている。KLIA2はエアアジアやエアアジアX、セブ・パシフィック、タイガー・エアー、マリンド・エアなどが利用する予定。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

  • エアアジア・インディア初の機体がチェンナイ就航 画像 エアアジア・インディア初の機体がチェンナイ就航
  • 格安航空エアアジアX、KL-名古屋便を就航 画像 格安航空エアアジアX、KL-名古屋便を就航
  • マレーシア経済予想、2014年は5.1%成長 2015年は5.0%=アジア開銀 画像 マレーシア経済予想、2014年は5.1%成長 2015年は5.0%=アジア開銀
  • マレーシアのLCC、マリンドエア航空機がエンジン出火で緊急着陸 画像 マレーシアのLCC、マリンドエア航空機がエンジン出火で緊急着陸

特集