マツダ入社式、小飼社長「ともに新しい成長の時代を築き上げていこう」

自動車 ビジネス 企業動向
マツダの小飼雅道社長
  • マツダの小飼雅道社長
  • マツダ本社
マツダは4月1日、広島本社内の講堂にて2014年度の入社式を実施した。

入社式には、技術系61名、事務系12名、技能系156名、医務系など53名の合計282名の新入社員が出席。会社関係者は、小飼雅道社長をはじめとする役員および労働組合代表など12名が列席し、新入社員を歓迎した。

小飼社長は、新入社員に向けて「皆さんが創る新しい価値が、輝かしいマツダの未来へと続いていくと信じている。我々とともに、これからの『新しい成長の時代』を築き上げていこう」と激励した。

また、マツダは2015年度の定期採用人数の計画について、技能系250名とすることを決定した。今年3月に発表した技術系・事務系を合わせた2015度の定期採用人数の計画は465名となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集