SRT バイパー、販売不振で生産調整へ…工場を2か月操業停止

自動車 ビジネス 企業動向
SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
  • SRT バイパー
米国の自動車大手、クライスラーグループのSRTブランドを代表する高性能スポーツカー、SRT『バイパー』。同車が販売不振により、生産調整を行うことが分かった。

これは、クライスラーグループが明らかにしたもの。「4月中旬から6月下旬まで、ミシガン州デトロイトのコナーアベニュー工場の操業を停止する」と発表。同工場製のSRTバイパーの生産調整を行うことを公表している。

今回の決定は2か月間に渡り、同工場の稼働を停止。90名以上の従業員を一時帰休させるなど、影響も大きい。それでも、クライスラーグループが生産調整に踏み切るのは、SRTバイパーの販売不振が原因。

クライスラーグループによると、SRTバイパーは特定の顧客を対象にしたスポーツカーで、量産を想定したモデルではない。現在の需要に合わせるためには、生産調整が必要と判断したという。

実際、歴代バイパーの過去20年間の累計生産台数は、2万9000台に届かない。クライスラーグループは、「販売店が在庫を管理する上でも、今回の決定は有効だろう」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • シボレー コルベット 新型、受注好調で納車待ち拡大か 画像 シボレー コルベット 新型、受注好調で納車待ち拡大か
  • 価格も決まらぬうちに、コルベットがプレオーダーで50台を受注 画像 価格も決まらぬうちに、コルベットがプレオーダーで50台を受注
  • フォード マスタング 新型、量産第一号車がオークションに…30万ドルの高値落札 画像 フォード マスタング 新型、量産第一号車がオークションに…30万ドルの高値落札
  • GM、パフォーマンスビルドセンターを移転…コルベットの生産効率引き上げ 画像 GM、パフォーマンスビルドセンターを移転…コルベットの生産効率引き上げ

特集