JR東海、東海道新幹線の最高速度を285km/hに

鉄道 企業動向
東海道新幹線 N700A
  • 東海道新幹線 N700A
  • N700Aのロゴマーク。
JR東海は2月27日、東海道新幹線の最高速度を現在の270km/hから15km/h引き上げて285km/hにすると発表した。

同社は速度向上による輸送サービスの向上を図るため、試験車両を用いた確認試験を実施。このほど、必要な試験を終え、車両や設備の安全性、沿線環境、乗り心地などの面で良好なデータが得られたとして、鉄道事業法に基づく事業基本計画変更認可を国土交通省に申請した。

認可された場合、2015年春からN700AとN700系の改造車について、最高速度を285km/hを引き上げる。営業運転での実施時期は2015年春の予定。当初はおおむね毎時1本、285km/h運転を実施し、その後も車両更新と改造工事の進展にあわせて段階的に拡大する。

東海道新幹線は1964年の開業当初、最高速度を210km/hとしていた。国鉄末期の1986年には10km/h引き上げて220km/hに。300系を導入した1992年に270km/hとなった。同線の最高速度引き上げは23年ぶりになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 【2014年3月ダイヤ改正】JR北海道「スーパー宗谷」の最高速度を120km/hに引き下げ 画像 【2014年3月ダイヤ改正】JR北海道「スーパー宗谷」の最高速度を120km/hに引き下げ
  • 日本車両、JR東海からN700A新幹線192両を受注…2014~2016年度に納入 画像 日本車両、JR東海からN700A新幹線192両を受注…2014~2016年度に納入
  • JR西日本のN700A、12月から営業運転開始…N700系改造編成も導入 画像 JR西日本のN700A、12月から営業運転開始…N700系改造編成も導入
  • 三陸鉄道、南リアス線で9月14日ダイヤ改正…最高速度を90km/hに 画像 三陸鉄道、南リアス線で9月14日ダイヤ改正…最高速度を90km/hに

特集