故意に歩道へ乗り上げ13人をはねた男、殺人未遂容疑で逮捕

自動車 社会 社会

23日午後2時15分ごろ、愛知県名古屋市中村区内の県道を走行していた乗用車が左折中に路外へ逸脱。歩道に乗り上げて暴走し、13人に衝突する事故が起きた。運転していた30歳の男は無差別殺人を企てていたとみられ、警察は殺人未遂の現行犯で逮捕している。

愛知県警・中村署によると、現場は名古屋市中村区名駅1丁目付近。乗用車は交差点を左折中に道路左側の路外に逸脱。そのまま幅員約14mの歩道に乗り上げて加速。信号待ちをしていた歩行者13人を次々にはね、約35m先の街路樹に突っ込んで停止した。

この事故で24歳の男性が骨盤骨折などの重傷、他の13人が打撲などの軽傷を負い、いずれも近くの病院へ収容されている。運転していた西区内に在住する30歳の男は駆けつけた同署員に対して「人を殺すつもりで突っ込んだ。誰でもよかった」などと供述したことから、警察は殺人未遂の現行犯で逮捕している。

事故を起こしたクルマはレンタカーで、逮捕された男は事故を起こす直前にクルマを借りていた。飲酒はしておらず、脱法ハーブなどの薬物も使用していなかった。聴取に対しては「家を出た時点で突っ込むことを決めていた」、「動機はいろいろあって、ひとつではない」などと供述しており、警察では男を厳しく追及。動機の解明を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品