千葉工大、東京スカイツリータウンキャンパスに惑星探査ゾーンを新設

宇宙 エンタメ・イベント

 千葉工業大学の「東京スカイツリータウン キャンパス」(東京スカイツリータウン・ソラマチ8階)に、「AreaII(惑星探査ゾーン)」がオープンした。

 東京スカイツリータウン キャンパスは2012年5月、同大の最先端技術や研究成果を迫力のある映像を交えて紹介する「情報発信基地」として開設。既存の「AreaI(ロボットゾーン)」では、最先端のコミュニケーション技術映像システムを駆使し、過酷災害対応ロボット「Rosemary(ローズマリー)」の展示をはじめ、ロボットの構造の観察や火星探査の体験ができるコーナーを設置している。

 今回オープンした「AreaII(惑星探査ゾーン)」では、月面旅行体験コーナー「ムーンウォーカー」を用意。日本の月探査機「かぐや」の撮影した高解像度の月面映像が壁と床面に投影され、あたかも月面上を飛行しているかのような感覚にとらわれるという。

 また、NASA等からのデータ提供「太陽系グランドツアー」では、120インチタッチパネルを使い、8つの惑星をはじめとする太陽系の主要構成天体や惑星探査ミッションを巡る。NASAの研究や探査で得られた太陽系の美しい画像や最新情報に自らの手でアクセスできるという。

 そのほか「宇宙138億年の旅」と題した映像作品を上映する300インチ3D宇宙シアターや、アニメ「マクロス」シリーズに登場する戦闘機「バルキリー」の実物大模型「マクロスF VF-25F」の展示などを行う。

 東京スカイツリータウン キャンパスの入場は無料。開館時間は10時30分から18時。
《水野こずえ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集