ホンダ、VFR1200X DCT を発売…大型ツアラーのフラッグシップモデル

モーターサイクル 新型車
ホンダ・VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション
  • ホンダ・VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション
  • ホンダ・VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション
ホンダは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・OHC・V型4気筒エンジンを搭載したオン・オフロードスタイルの『VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション』を3月7日に発売する。

新型車は、「オールロード・グランツーリスモ」を開発コンセプトに掲げた、ホンダのクロスオーバーコンセプトのフラッグシップモデル。デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を標準装備するなどして、市街地走行から長距離ツーリングまで、さまざまなシチュエーションで余裕を持って操る楽しみと快適な走行を追求している。

エンジンは、低・中速域から高速域まで力強い出力特性を持つV型4気筒1236ccを搭載する。また、トランスミッションは二輪車用として独自に開発した有段式自動変速機DCTを搭載。オートマチックモードとマニュアルモードが選択でき、簡単な操作でダイレクト感のある走行フィーリングを味わうことができる。また、ライダーが後輪の駆動力のレベルを必要に応じて任意に選択できる「ホンダ セレクタブル トルク コントロール」を採用している。

車体は、高い剛性感としなやかさを両立したダイヤモンドフレームを採用。サスペンションはフロントに倒立タイプのテレスコピックを、リアにはプロアームとプロリンクをそれぞれ組み合わせて装着している。また、前・後ホイールには、チューブレスタイヤの装着に対応したスポークホイールを採用し、しなやかな足回りを実現している。なお、シートは日本人の体格を考慮した専用設計とし、810mmの低いシート高とした。

スタイリングは、ボリューム感にあふれる堂々としたデザインで、大地をおおらかに走破するイメージとしている。車体色は、精悍なイメージのマットチタニウムブレードメタリック1色の設定。

また、「コンバインドABS」や、ツーリングの利便性を高めるETC車載器、グリップヒーター、メインスタンドを装備するなど充実した内容としている。

価格は183万7500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集