経済制裁解除後初、米APR Energyがミャンマーに大規模発電所建設契約

エマージング・マーケット 東南アジア

関連画像
  • 関連画像
2013年の経済制裁解除以来初となる発電所建設計画
ファストトラック(早期)発電ソリューションのグローバルリーダーであるAPR Energyは12日、ミャンマーにおける大規模なターンキー方式の発電契約を結んだと発表した。契約は2014年第2四半期に始まり、2015年末まで続く見込みだ。

新発電所は、ミャンマー・マンダレー州チエウセに建設され、天然ガスを燃料とするAPR Energyのソリューションは、同国最大規模の火力発電所の1つであり、600万人余りに給電する。

なお、同発電施設は最高100MWまでの工場設備能力を持ち、最低82MWの電力をミャンマー電力公社(MEPE)に供給するとしている。

(APR Energy ホームページより)

ミャンマーへの大きな投資
APR Energyのターンキー発電所はモバイル・ガスパワー・モジュール(多目的小型発電機)を備え、最もクリーンな発電ソリューションであり、同国インフラストラクチャーへの大きな投資となる。

APR Energyは非常に魅力的な着工・建設時間枠を提示するとともに、APRの発電技術の効率性を提供する能力によって契約を勝ち取った。

APR Energyにおけるミャンマーの重要性
APR Energyのジョン・キャンピオン最高経営責任者(CEO)は、今回の契約は同国最大規模の火力発電所の1つを建設するもので、600万以上の人口に照明と電力を供給することができる。

ミャンマーのプロジェクトは、このほどインドネシアにおける130MWの新規発電所の導入と合わせて、マレーシアのハブ事務所、シンガポールの商業事務所の開設以来、アジア太平洋地域で実現する実質的なけん引車となる貴重な実例であるとしている。

また、APR Energyのアジア太平洋事業開発責任者のクリーブ・タートン氏は、ミャンマーはアジア太平洋事業を急速に拡大しているAPR Energyにとって大切な戦略的市場だ。

この契約は、ミャンマーが極めて重要であり、ますます高まる電力需要に対し、同国原産の天然ガス資源を使って対処することを支援するとしている。
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品