プレス工業の第3四半期決算…建設関連不振で営業益9.7%減

自動車 ビジネス 企業動向
プレス工業(イメージ)
  • プレス工業(イメージ)
プレス工業は2月12日、2013年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1355億8900万円(前年同期比+4.0%)、営業利益は68億2200万円(-9.7%)、経常利益は73億1000万円(-4.6%)、四半期純利益は45億9700万円(+7.6%)だった。

自動車関連事業については、国内外のトラック需要の増加に伴い、堅調に推移したが、東南アジアでの需要減少や、資源価格下落に伴う鉱山機械需要の減少により、建設機械関連事業が不振だった。

通期業績見通しについては、前回予想を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース